Illust Page

bakumanここでは、自分が描いたイラストを公開してみることにします。最近、絵は描けたほうが面白そうだと思い始めています。あと、イラストは初心者なので、公開するものは全て練習用です。
photo credit: Animeol




illust


ここでは、自分が練習のために描いたイラストをコメントとともに表示していこうと思っています。ドンドンと追加していく予定なので、興味のある人はどうぞ。


あと、画像の編集技術についておすすめの記事などあれば教えて欲しいです。


VOCALOID : 初音ミク


miku
Comment 1 : はじめて 初音ミク を描いてみました。公式ページのイラストを参考にしました。絵を描いてみて思うことは、すごく難しいということです。あと、画像の編集技術について自分が何も知らないことに気付かされます。画像編集ソフトは、 GIMP を使用しています。

Comment 2 : 改良しました。絵も日々改良していくものなのだなぁと感じました。

Comment 3 : 私が好きな曲には、今のところ初音ミクとGUMIの曲が多いです。

Comment 4 : 再度修正しました。何度かイラストを描いていると過去に描いたものほど、納得できなくなってくるようです。



K-ON! : 唯


miku
yui
Comment 1 : 今回は、けいおん!の平沢 唯です。お気に入りのキャラクターなので描いてみました。今回、絵を描いてみて気づいたことは、意味無く線を入れると、かなりの確率で変になるということです。あと、一度下書きをしてみると、なかなか良い感じに描けるような気がします。

Comment 2 : 最初、見た目はあまり可愛くないと思っていたけれど、性格がいいので、見た目まで好きになりました。けいおん!で唯一かつ一番のお気に入りキャラ。まあ、そうはいっても全員好きですが。しかし、自分の中では、唯がダントツ!。

Comment 3 : 再度修正しました。具体的には、シャーペンで塗った影を削除しました。また、眼の外枠の影を"やんわり"した感じに修正しました。

Comment 4 : 新しく「散髪を間違えちゃった時の唯」を追加しました。卒業写真の撮影直前に...かわいそすぎる...。



NARUTO : イタチ


NARUTO_ITATCHI
Comment 1 : 今回は、NARUTOのイタチです。お気に入りのキャラクターなので描いてみました。これはぜひ修正したい箇所が多くて、掲載するのもためらいましたが、一応掲載しておきます。私の場合、すべてを真似して描くというのではなく、オリジナルを取り入れる部分が沢山あるので、そのあたりが難しいです。

Comment 2 : 修正しました。絵を描くのは、非常に地道な作業だなと感じました。また、一見するといい感じなのに、スキャンすると、思ってたのと違ってたということが多々あります。

Comment 3 : カッコイイし、強いので、初登場の時からのお気に入りキャラです。ジャンプでも最近活躍しているらしいです。

Comment 4 : 再度修正しました。具体的には、髪の毛を少なくし、かつ表情を一部変更しました。つまり、最初から書きなおしです。いつもは下書きからの修正なのですが、今回は、最初から書きなおしたほうが早いと思いました。



逆転裁判 : ナルホドくん


NARUTO_ITATCHI
Comment 1 : 今回は、逆転裁判の成歩堂 龍一です。お気に入りのキャラクターなので描いてみました。今回は、下書き風にしてみました(こちらのほうが楽なので)。

Comment 2 : 普段はどこか抜けたところがあるものの、決めるときにはバッチリ決める主人公タイプです。お気に入りキャラ。

Comment 3 : 耳の部分を書き直しました。最初は耳を適当に描きすぎてる...。


ToLoveる : モモ


NARUTO_ITATCHI
Comment 1 : 今回は、To Loveるのモモです。お気に入りのキャラクターなので描いてみました。左右対称に描くことの難しさを痛感しております。

Comment 2 : このキャラは、裏表があるキャラです。共感出来る部分があるので、お気に入りキャラです。


VOCALOID : GUMI


NARUTO_ITATCHI
Comment : 今回は、VOCALOIDのGUMIです。メガネがすごく難しかったです。私は、こういう小物系や繊細な道具類を描くのが苦手なことがわかりました。こういうものは、合成とかでも対応できそうなので、苦手なものはコンピュータに任せるのもいいかもしれない思いました。


けいおん! : あずにゃん


NARUTO_ITATCHI
Comment 1 : 今回は、けいおん!の中野 梓です。イラストをサボりまくったので、うまく描けているか心配です。気に入らないところがあれば、修正します。

Comment 2 : 個人的には、長い黒髪のほうが好きなので、唯よりも見た目は好きかもです。さらに、髪の毛はくくらない`あずにゃん`のほうが個人的には好きです。


ドラゴンクエスト5 : ゆうしゃ


dorakue5
Comment 1 : 今回は、ドラゴンクエスト5のゆうしゃです。特に髪の毛を描くのが難しかったです。

Comment 2 : ドラクエで一番好きなキャラなので描いてみました。ドラクエで好きなキャラって難しいですよね。ドラクエのキャラは、ほとんど、というより全く言葉を発しませんからね(私は「はなす」を全く使いません)。


ポケットモンスター : ピカチュウ


pica
pica
Comment 1 : 今回は、ポケットモンスターのピカチュウです。ポケモンは難しい!!!簡単そうに見えるのに...。

Comment 2 : ポケモンの中で一番人気のピカチュウです。アニメに出ている影響も大きいかと思います。個人的には、そこそこ好きですが、もうちょっと強ければなぁ...(ゲームの話です)。

Comment 3 : ピカ!




けいおん! : むぎ


mugi
Comment 1 : 今回は、けいおん!の琴吹 紬です。私が、けいおん!のキャラを描くと、なぜか`あずにゃん`っぽくなるのはどうして?

Comment 2 : 非常に我慢強くて、忍耐力がある子だと思います。人気投票の結果はいまいちらしいのですが、けいおん!には欠かせない必須キャラだと思っています。


けいおん! : mio


mio
Comment 1 : 今回は、けいおん!の澪(苗字覚えてない...)です。今回は、画像ファイルの加工方法に新たな手法を取り入れてみました。といっても、単なるフィルタですが。

Comment 2 : 客観的には大人っぽいようにも思えますが、心のなかでは甘えん坊かもしれないキャラだなと思っています。作者は澪がお気に入りだとか(どっかで読んだ)。



けいおん! : 律


mio
Comment 1 : 今回は、けいおん!の田井中 律です。「おでこ」と「フェイスライン」がすごく難しかったです。次に修正するならこのあたりだろうと思います。

Comment 2 : やればできる子、「りっちゃん」です。そして、ヤル気を出せるかどうかが鍵だなぁと感じるキャラであります。では、けいおん!シリーズのお絵かきは、一応これで終了です。



あたしンち : みかん


mio
Comment 1 : 今回は、あたしンちのみかんです。一枚目のイラストを投稿したのは、これがはじめてではなかろうか。簡単そうな絵も、意外と難しいことを今更ながら知る事になった一枚です。

Comment 2 : 「みかん」はですね~お気に入りのキャラです。私は、1年くらい前に「あたしンち」にハマった時期があったのです。一番面白かった話は、「ユズヒコの留守番」の話ですね。一人で留守番することになったユズヒコが、最後にはベランダに閉じ込められてしまうのですが、面白すぎた。何が面白かったかといいますと、考えられる限りで、あれほど最悪な状況はないだろうというところが面白かったです。気になる人は、是非観てくださいね。どの回だったか忘れちゃいましたが...。



シス管系女子 : みんとちゃん

mint
Comment 1 : 今回は、 シス管系女子の利奈 みんとです。この漫画は、IT情報誌の日経Linuxに掲載されている漫画です。意外とあっさり描けた気がします。イラストに慣れてきたのかも。ただし、後ろの髪の毛の部分がとても難しかったです。

Comment 2 : この子は、どこにでもいそうな女の子タイプのキャラではないでしょうか。ただし、通常の漫画と違うのは、ちょっと現実寄りというところだと思います。もちろん、悪い意味じゃないよ。



名探偵コナン : コナン

mint
Comment 1 : 今回は、 名探偵コナンの江戸川 コナンです。個人的には、相当難しかったです。ある程度想像で書かなければならない部分があり、前髪あたりですが、うまくかけてないなぁと思いました。また、結構曖昧な部分もあったりして、コナンは難しいなぁという感想です。

Comment 2 : コナンは、なにか特別なものを感じさせるキャラです。特別な能力を持った人間...私はそういうものを信じていませんが、目に見えない部分での日々の積み重ねの賜物なのでしょう。



ポケットモンスター : オリジナル

mint
Comment : 今回は、 オリジナルポケモンを描いてみました。ホワイトキュレムとブラックキュレムをモデルにしました。たまにはこういうのもいいかもしれませんね。今度、ピカチュウと戦わせてみようかな。



GRAVITY DAZE : キトゥン

mint
Comment 1 : GRAVITY DAZE が「日本ゲーム大賞2012」の「年間作品部門 優秀賞」を受賞したようです。おめでとうございます。

Comment 2 : 左目(正面から見て右目)が難しかったです。今でもうまく書けているとは到底思えません。一体どうすりゃいいんだろう...。うまく書くポイントが分かったら修正するつもり。

Comment 2 : 左目(正面から見て右目)が難しかったです。今でもうまく書けているとは到底思えません。一体どうすりゃいいんだろう...。うまく書くポイントが分かったら修正するつもり。

Comment 3 : このキャラは、レビューなんかを見ているとけっこう人気がありますね。けいおん!を見ても分かるように、このキャラは、最近の流行である男子にも女子にも受けるキャラ設定という部分を意識したことが分かるような気がします。見た目も特別美人というわけではなく、普通ですし、性格も普通の女の子といった感じです。



けいおん! : ゆいあず



Comment : 今回は、「ゆいあず」を描いてみました。一方は積極的ですが、もう一方は嫌がっているような。でも、このコンビネーションがけいおん!の人気の秘訣でもあるように思います。最近、1つのイラストを仕上げるにつき、用紙1~2枚で足りるようになってきました。昔は、4枚くらい使ってたような気がします。ただ、絵は全然うまくなってないんですけどね...。



色塗り始めました














使用中のお絵かきツール


コピー用紙 A4サイズ : ノートに描いてもいいのですが、付箋が気になるので、コピー用紙を使用することにしました。




シャープペンシル : イラストには、いつも使ってるシャーペンを使用しました。絵を描くには、Gペンというものがいいらしい。実物は見たことないけど。あっ、あと消しゴムも使ってます。




ファイル : 描いたものは今まですぐにゴミ箱行きだったのですが、ファイルに閉じたほうがよさそうですね。




穴あけ : ファイルするには、用紙に穴を開けなければなりませんので。







イラストを描いてみた感想など


一番簡単だったのは? :
個人的には、モモが一番簡単に描けました。スラスラッとかけたので、自分でもびっくりです。


一番難しかったのは? :
GUMIです。難しかった...。


描くのにかかる時間は? :
下書きが約10分、修正が約10分で合計20分くらいかかります。ただし、内容によっては以上の数字は短くなったり、長くなったりします。



イラストをはじめました



こちらに私が描いたイラストがあります。


私は、最近、イラストを描き始めました。


イラストを描いてみた理由は、いろいろなブローガーの方々がイラストをやっているのを見て、イラストは描けた方が面白そうだと考えたからです。また、漫画の影響などもあります。


ここで、私のイラストを見てくれた人は、その感想も様々だと思います。


下手くそだと思う人もいれば、なかなか上手に描けていると思う人もいるかと思います。


自分のイラストを客観的に評価するとすれば、特別うまくはなけれど、まあ、見れなくはない、そんな感じだと考えます。


では、今回は、「特別うまくはないけど、見れなくはないイラスト」を描くための方法を紹介していきたいと思います。


イラスト初心者が教えるイラストを描くコツ



まずはじめに、以下のイラストを見てください。


illust


しかし、このイラストは一発で描けたものではありません。この1枚のイラストを描くためには、下書きに下書きを重ねて、何度も描いてみた結果なのです。そして、以下が上のイラストができるまでの経過です。


illust illust2 illust3


illust_f
[4枚目でやっと完成!!]


下手くそでしょう。私は、絵はあまりうまくないんですよ(笑)


経過はこうです。最初は思ったまま描きます。次に、それが出来上がったら、紙を重ねて、最初に描いたもののいい部分を写して、その他の部分を修正して、描き上げます。そして、それを何度も繰り返すのです。もちろん、使用する用紙は、普通のコピー用紙で、写し紙ではありません。個人的には、ちょっと見えにくいけど、これで十分だと思っています。


1枚でできなければ、2枚、2枚でできなければ、3枚、もし100枚使ってもうまく描けなかったら、同じものを101枚描けばいいだけの話です。非常に単純なことですが、実践するのは難しいのではないかと思います。


なぜなら、枚数を重ねるごとに、もう無理なんじゃないかという思いが頭に浮かび上がってきて、その思いは、ドンドンと強くなるからです。


確かに、1枚目で完璧に仕上げられる人もいるでしょうし、100枚目でやっとできたという人もいるでしょう。


しかし、私は、同じ内容ならば、後者の人のほうが好きですし、評価できると考えます。なぜなら、後者の人は、99枚目でもあきらめなかったからです。


私のようなイラスト初心者が教えられることとしては、同じものを何度も描いてみてくださいということです。


1枚目よりも2枚目、2枚目よりも3枚目のほうがうまく描ける可能性が高くなると思います。


道具にこだわらない理由



私がイラストに使用するものは、いつも使っている普通のシャーペンと家にあるコピー用紙です。ここで、道具にはあまりこだわりを持っていないことがわかります。


一方、私は、イラストを描いている人をたくさん見てきたのですが、そのほとんど、いや、すべての人達が道具にこだわりを持っているようでした。


しかし、私は、最初のうちは道具には、あまりこだわらないでほしいと考えています。


私が絵を描ける人を尊敬する主な理由は、必要最小限の道具で最高の結果を出せる点です。最小限の道具で最高の結果を出せるというのは、安価な紙とペンさえあれば、様々なことを表現できるからです。


したがって、イラストをはじめる人は、最初はあるものから使ってほしいと考えています。


ただし、イラストを続けて、うまく描けるようになってきたら、道具にこだわるのは良いことだと思います。


私自身もそうなるかもしれませんし、イラストを続けられればの話ですが、その方向に流れることが予想されます。




ここに掲載された画像は、基本的に、ご自由に使ってもらって構いません。ただし、イタズラだけはご遠慮ください。