お勧めのLinux本

MacBook Air Software Reinstall USB Drive
お勧めのLinux本を紹介します。

photo-credit: syui

久しぶりに本屋に行って、立ち読みをしたので、良さそうだった本を紹介。

Linux実践入門

Linux始めたばかりの人には、かなりおすすめできるような感じでした。あくまで個人的にはですが。

ただ、本を買いたくない人、またはコンピュータ関連での本の必要性をあまり感じてない人は、以下の方法がおすすめ。


1. Arch Linuxまたは、Gentoo Linuxをインストールし、GUI環境を構築する。*一番良いのが、メイン環境にしてみることだけど、これは難しそう。

2. インストールしたツールのマニュアルを読む




Linuxというのは、多くの部品の組み合わせでできています。

で、ほとんどのディストリビューションでは、主要部品などが最初からインストールされています。

しかし、ArchやGentooなどを使うには、多くの主要部品を自分でインストールしなければなりません。

なので、これらのOSをインストールし、使える状態にするだけで、Linuxシステムの実践に必要な目次みたいなもの(キーワードと仕組み)を手に入れられます。

あとは、その目次を使って、個別に深い部分(マニュアル)を見ていけばOKだと思います。

その他、コンピュータ関連で良さそうな本は以下のとおりでした。

プログラミングの技をめぐる探求
とにかく面白かったです。読み物として楽しむにはうってつけという感じでした。

GitHub実践入門
役に立ちそうな本。個人的には公式を読むので、買いませんが...。

空飛ぶPython
Python入門書としては、かなりオススメできそうな感じの本。そういえば、個人的に作りたいものもあるので、CmdModule調べないと...。