動画ファイルを画像ファイルに変換する

漫画の資料用として使えそうな画像をUnityから作ってみました。

Unityというのはゲーム開発アプリであり、3Dキャラをグリグリ動かせたりするわけですね。私は、あまりカメラワーク得意じゃなくて、その辺、良さそうなスクリプトないのか探しているわけですが、現在では、モーションでキー操作できるようにして、それを再生し、動かしています。

で、その様子をキャプチャというか、動画撮影するわけですね。

動画撮影したあとは、以下のコマンドで画像ファイルに変換すれば良いです。

$ ffmpeg -i *.mp4 -r 7 %04d.png

で、これを実行すると、画像ファイルが沢山できるわけですが、いわゆるこれが資料の作り方です。当初予定してた。

でも、3Dモデルをなかなか自由に動かせなくて辛いです。

あと、モーションで手を自在に動かすっていうのも必要で、それには、Leap Motion Core Assetsが便利そうでした。