過去のブログ記事を管理したい

ブログの記事をJSONで管理できるようにしてみたけれど、様々なところに応用出来る形で目指していきたいなあと思いました。

というのも、私の場合、やはり、様々なところにポストしていて、それが同じような内容になることが少なくないからです。

ちなみに、以下は日常の更新風景の一部を撮影したものです。こんな感じで使える箇所を選んでいって出力したものをコミットすればブログが更新されるのですが、最近ではファイルを置いとくと、自動的に更新するようにしました。

といっても、全部一気に出すのも勿体無いので、一日に一回ポストするように、サーバーを立ててコミットしています。これは、現在、このブログとQiitaを対象にやっていますが、なんというか、他のところにも自動ポストするように設定したくなってきたので、やるかもしれません。

記事は直接書いたり、過去の記事を参照したり、メモを記事にしたりといろいろです。何もしないと、自動的にメモがポストされるようになってます。

これが思った以上に快適で、いろいろなことに煩わされずに済むので良い感じです。自動化して本当に良かった...。

私のブログの自動化は、CIの採用から一気に進むことになります。今まではローカルでビルドしたものをあげてたのですが、今では本当にめんどくさすぎるなと。やる気でないだろとそんな感じに思ってしまうのは、時間が経ちすぎたからでしょうか。CIを使い始めてから実は、約2,3ヶ月もの長い歳月が経過してますし。

次にとりかかったのが個人メモをブログにする方法です。そこからメモをサーバーと同期するようにして、定期的にコミットするようにしました。コミットすれば、CIが自動ビルドしますので。ここからはその仕組を使ったQiitaへの自動ポストもやってみました。これは、Qiita APIを使うとできます。このブログは、BlogggerなのでBlogger APIを使えばできますね。

一番大きかったのは、やはりメモ管理です。今まで、メモはなんとなくという感じで、とても再利用できるものではなかったのですが、特定の書式で描くことで、意識的に分かりやすく、再利用できる形で書くようになりました。また、使っているうちに、不便なところを直し、便利な設定を幾つか追加しながら、使い慣れていったという感じ。

やはり、ネットにソースコードをあげとくと、記事を再利用しやすくて便利だと思いました。