ArchLinuxのtimedatectl


Arch Linuxで時刻を合わせるのは簡単なのだけど、Arch Wiki見てもわかりにくかったので、メモ。


ネットから時刻合わせする

$ systemctl start systemd-timesyncd

起動時に同期する(一度合わせたあとは、基本的に不要)

$ systemctl enable systemd-timesyncd



その他の解説。xxが国際時間で00が日本時間とします。


$ timedatectl status
Locale Time xx:xx:xx
Universal Time xx:xx:xx
RTC Time xx:xx:xx

$ timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
Locale Time xx:xx:xx
Universal Time 00:00:00
RTC Time xx:xx:xx

$ timedatectl set-local-rtc false
Locale Time xx:xx:xx
Universal Time 00:00:00
RTC Time 00:00:00

$ systemctl start systemd-timesyncd
Locale Time 00:00:00
Universal Time xx:xx:xx
RTC Time 00:00:00


こんな感じだと思うけど、よく見かける手順では、他のTimeは日本時間に適合するのだけど、Locale TimeがUniversal Timeになるので、それを修正するには、systemd-timesyncdでネットから時刻合わせするのが有効。