たくさんの本


自分の場合は、新しい本を殆ど買わないけど、いつも同じ本を何度も、いや、正確には毎日意味もなく読んでたりするので、正直、新しい本を買って読む機会というのは、なかなかないです。言い訳っぽくて嫌なんだけど、実はこれが新しい本を読めない最大の理由。でも、自分では無意味なことしてるなあとは思っているのだけど、まあ、私は、昔から、何故か同じ本を何度も読む人だったりします。

その理由はたくさんあるんだけど、一つは、一度読んでも身につかないし、覚えられないからという情けない理由からくるものです。一度読んだ本の内容は完璧に覚えていて、かつそれを実際に自由自在に使えるのなら、同じ本を何度も読む必要はないのですが、私の低い能力では何度も読まないとなかなかにこれが難しいのです。

二つ目の理由は、再発見。同じ本がいつも同じ顔をしているとは限らず、全く違った印象を持つこともしばしばあります。

このような理由から、私は、毎日、同じ本ばかり読むのですが、新しい知見や視点があまり芽生えなくて、たまには本読まないとなあなどといつも思っています(でも実践できてない)。

私の個人的な考えというのは、基本、オリジナルのものがすごく多くて、世の中、沢山の本があるので、これらは、どこかに書いてあるとは思うけど、私が読む本には書いてないことのほうが多いなあという感じです。同じ本ばかり読んでると、それを自ら広げていくしかないからなのか、自然にオリジナル、自分独自の考えが多くなってしまいました。

こういうのはなんて言うんでしたっけ。「見当違いの方向へ突っ走ってる、しかも止まる気配は全く無い」って感じかなあ。客観的に見るとそんな感じ。

こうなりたくなければ、沢山の本を読んだほうがいいです。本、読まないとなあ。...いつも言ってるけど。