ごちうさ2期をちょっとだけ見た


ごちうさ2を視聴して面白かったので、簡単な感想でも書きます。

視聴したきっかけは、感想記事でココアの姉がでてきて面白いという話を聞いたので。

実際見てみたら、すごく面白かったです。

こういう回があると、やっぱり人気がでる理由わかるなあと思いました。そういえば、1期も4話あたりすごく面白かった記憶がある。

個人的には、ごちうさのノリって基本合わない気がしてるんですけど、面白い話は面白い。

私は、ココア推しなんだけど、実はそれほど推してるわけでもなく、みんないい味を出していると思っている。

でも作中では物語をグイグイ引っ張るのは、やはりココアで、こういうのは、主人公が割りと空気になるけいおん!やパンでPeace!、もっと言えば、ゆるゆり、ひだまりスケッチなどとの違いだと思う。

日常系では、主人公がわりと空気になりがちだけど、ごちうさでは、ココアがグイグイなので、それがごちうさの特徴や良さでもありそう。

でも今回の話はそれが崩れて、すごいモカさんが目立ってたし、物語を引っ張ってた気がする。ココアさんが割りと空気になりかけてた。

個人的にはそこが面白かったのかもしれないなと分析しています。

ごちうさは、個人的にはあまり合わなかった作品ではあるのですが、好きな人は好きですよね。

追記


その後、適当な感じで視聴してたのですが、チノが酔っ払う話があり、それがとても印象に残ってます。

なんというかチノがすごい可愛かった話を思い出しました。私はチノはあまり好きではないのですが、正直、この話があってからは、そこはかとなくチノのファンです(ファンと言えるほどのものでもないかもですが

いつもは現実の中、強がっていて(強がってなくちゃいけなくて)、決して心の中を見せない風なチノなんですけど、

酔っ払ったときって本音が出るというか、心の中がさらけ出されるとよく言われますので、チノの心の中は本当はあんな感じなのかもしれませんね。