Androidのシステム認証

最近、2段階認証をデフォルトにして設定していることが多いのですが、そこで便利なのが、Google Authenticatorです。

ただし、このようなアプリで2段階認証を設定していると、スマホやタブレットを失くしたり、初期化したり、落としたり、水没させてしまったり、壊してしまったりした場合は、アカウントにアクセスできなくなります。

DropBox,GitHubなどは、2段階認証を有効にすると、Recovery Codeを発行してくれますが、他のサービスが常にRecovery Codeを発行してくれるとは限りません。Google,Yahooなどは発行してなかったような気がします。

したがって、このアプリを使う場合も、常にバックアップを心がけて、最低でも2つの端末で認証コードを発行できるようにしといたほうが良いかもしれません。