日常的に書く工夫


これはもちろん自分もそうだけど、ブログを読むというのも、本を読むというのも、基本的には、暇つぶしで、暇つぶしには、個人の思想が多分に含まれた文章はもってこいですね。読んでいる分には面白いです。

でも実際に書く側としてはどうでしょう。

これは難しいのですが、ストレス発散のために書く記事は、すごい楽だと思います。例えば、怒りや不満や愚痴や自慢話これらは書く側としてはすごい楽だと思います。毎日でも簡単にできてしまうかもしれません。また、エゴサーチなどもこれらを共有する側としてはすごい楽で面白いと思います。これも毎日でも簡単にできそうですよね。よって、日常的に書くには、こういったジャンルのことをやれば続きやすそうです。

ただ、読む側としては、そういった情報は注意しなければならないのかもしれません。嘘が多すぎるのです。

まあ、とりあえず「この記事はストレス発散のためだけに書かれたものかどうか」という視点も役立ちそうなことがあると思ったので、メモ。ただ、書く側としてはストレス発散のためだけに書くのはすごい楽だと思うので、その情報も合わせて載せておきます。

以上