FFXIVをやっとプレイできた



PCゲーム(ネトゲ)を体験してみるまでの流れ


FFXIVを体験してみるまでの流れです。

と言ってもほぼ1日のうちに行った内容をテーマごとに分割して投稿しているだけですが、以下の様な流れになります。

FFXIVをインストールするも容量が足りないと言われる


VMで可変サイズにしていたので増やした後、ディスクを統合する

(WindowsはVNC, VM上にしか持ってない)

FFXIVを起動したらDirectXに致命的なエラーが発生したと言われる


DirectX9, DirectX11(X12と統合されている?)をインストールしたつもりだが解決できない

よって、VM上では解決不可だとみなし、Wineで動作させることにする

Wine(Arch Linux x86_64)で動作させるとHttps System Errorが出て起動しない


winecfgからWindows7に変更してからDirectXをwinetricksとは別口で入れた後、WMP10とIE8をインストールし、winecfgからWindowsXPに変更して動かせると起動する

PS3コントローラーがBluetooth接続できない


PS3コントローラーがBluetooth接続できないので困る

しかし、数分経過後、何故か接続できるようになる

PS3コントローラーのスティックが動作しない


PS3コントローラーのスティックが動作しないので移動困難になり困る

Wine(gamming-nine)のソースコードをクローンしてパッチを当ててビルドすると動くようになる

実際にプレイしてみたけど、遅延と描写が酷いので今のパソコンの限界を感じる


PCゲームにおいてのベンチマークの重要性を今更知る

調べてみると、Surface Pro 4が良さそう

ちなみに、GPUはNVDIA搭載のものが良さそう

淡々と書いていますが、実際はなかなかにあれでした。...面倒でした。

でも面白かったです。