連続更新1年目


今気づいたのですが、連続更新をはじめて1年経ちました。(若干、過ぎてるけど。

連続更新どれくらいできるだろうということでやり始めたのかな。あまり覚えてないのだけど、当時はそんな感じだったのかも。

で、内容的にはどんどん適当になり、稀に自動ポストがエラーすることも在った気がするけど、なんとか1年続けることが出来たかなと。(ポストミスは主に使用しているCIサービスのせいだけど

ここで連続更新を1年続ける事ができた理由として一番大きいのは、やはり「自動ポスト」ですね。この仕組みを作らなければなければ無理でした。

このブログは、連続更新をやり始めた頃から自動ポストの仕組みを作って、時間になったらメモを分割ポストするようになっています。メモはGit管理されています。

この仕組に使ったものは結構多くて最初は、自前サーバー、Gitホスティングサービス、CIサービス、GitHub Pagesという感じでした。

簡単に仕組みを説明すると、CIサービスの役割が一番大きかなと思います。Pushを検知して自動デプロイしてくれるので、あとは設定してPushを投げるだけというような仕組みです。

設定はGitリポジトリサーバー(Private)からGitHub Pages(Public)に設定しています。そして、メモ自体もGit管理されています(Private)。

元となるメモ自体はJSONで書かれており、上から順にポストされていきます。

なので、こっちのやることとしてはメモを書きためていくだけで。

毎日ブログ記事という体裁で書く必要はなく、コマンド一発で書いて保存するだけだったので、とても楽でした。

構文チェックも自動で行うようにしているので、構文エラーが出ると保存されません。いや、保存はされるけど、Git管理下に入らないというのが正しいか。

あと、楽だったというのは、あくまで毎日手動で更新している人と比べての話です。メモのストックが切れそうな場面も1,2回ありましたし。

そんなこともあり、私の場合は、毎日手動で更新はしてなくて、書きたい時に書いて、後はほったらかしの状態でした。チェックも1週間に1回とか。

現在は、ストックが1,2ヶ月分(40-60)くらいある状態ですので、少し余裕があります。

ただ、「これは出したくないなー」というのも後々出てくるので、実際は結構見積もりより少なくなるでしょう。投稿前にこういうのは消していきますので。

よって、すごく無理やり感はありますが、とりあえず1年は続けられたらしいです...。よかった。

次は、これからの話ですね。

これからどうしよう...。続けていくか、やめるか。続けていくとすれば、変更や改善はないのか、など。

個人的には、いくら自動更新しているからといって、余りに内容が適当すぎたかなという反省がありますね。

要は、怠けちゃったんです。

特にタイトルを考えるのが面倒で、最終的に記事タイトルは単なるタグ相当になりました。

残念ながら、この習慣(もとい怠け癖)はあまり更新しない本ブログ(割とまじめに書くほう)にも波及してしまいました。

その理由は明白で、私が使うサイトジェネレーターの類は、記事を作成するコマンドを実行すると、自動でタイトルが挿入される仕組みだからですね。

これをいちいち修正するのは面倒ということで、記事タイトルを修正すること無く、そのままポストするようになってしまいました。

通常、URLとファイル名が一致を見る仕組みですが、もうこれでいいやとなってしまうわけですね。自動で入れられたタイトルを手動で修正するのもめんどいし、もうこれでいいやと。

このように色々と問題は多かったわけですが、なんとかそこそこの期間更新できたので良かったです。

これも一重に仕組みを作ったことのおかげでした。

ということで、最後に一言。

「できなければ、仕組みを作ればいいじゃない」ということかなと。

私は基本、何をやっても長続きしないんですよね。怠け者、面倒くさがり、その他。

そんな人間でも仕組みを作れば、ある程度続けられるかもしれないよということで。おわり。