eslintなどを使った開発


デフォルトのnode開発環境はだいぶ辛いので、shelljs, shelljs-nodecli, eslintを使って開発環境を整えます。-gはなるべく使いません。頻繁に使うパッケージでもない限りグローバルにインストールするべきではないです。


$ npm i shelljs-nodecli
$ echo 'bin:eslintt:bin/test.js' >> package.json
$ npm link


次はshelljs-nodeclieslintです。

eslintはご存知かと思いますので、shelljs-nodecliについてですが、shelljsと連携してnodeの楽な書き方ができるという感じのshelljsの拡張機能です。

bin/test.jsは例えば以下の様な感じです。


!#/usr/bin/env node
var nodeCLI = require("shelljs-nodecli");
var version = nodeCLI.exec('eslint', '-v').output;
console.log(version);
nodeCLI.exec('eslint', 'myfile.js');


myfile.jsはeslintのチェック用に適当に間違ったjsコードを書きます。.eslintrcはproject rootに置きましょう。node_modules/shelljs-nodecli/.eslintrcなどもご確認してください。


$ tree .

  • bin/test.js
  • packege.json
  • myfile.js
  • node_modules
  • .eslintrc
    $ eslintt

<br />