Rewrite



見たので、少しばかり感想。

なんで見たのかというと、パッケージに惹きつけられて。

ちなみに、原作はやってないし、ストーリーも知らない。

感想を一言で述べると「意味が分かりません」でした。こういうアニメはこれからきついんじゃないかなと思った。

不自然なところが多すぎて、多すぎて、それは、物語の本質とは別の所でそう思った。

物語の本質は不自然でも何でも良かった。だって、物語なのだから。でも、彼(主人公)の日常に不自然なところが多すぎた。他人とのやり取り、挙動が物語すぎた。原作ではどうか知らないけれど、アニメではここを工夫して欲しかった。

物語すぎるというのは、物語において決定的な欠陥だ。物語にキャラクターが動かされている感覚。物語の都合によって全てが創られているという印象。そういったものが視聴者が受け入れがたいものにしている気がしてならない。

良いアニメ、良い物語というのは、物語であることを感じさせないものだと私は思っている。

それは自然に受け入れられるようなものでなければならない。

感想はこんなところで。

これからも視聴するかどうかは分からない。