マリオについて



例えば、マリオに扮した内閣総理大臣がいたけれど、あれもギャグとしては面白いのかもしれないし、外から見たら面白いのかもしれないし、だからこそウケているのかもしれないけれど、内からみたら、結構きついものがありそうな気もしている。

例えば、オバマ大統領がAppleのロゴをTシャツのど真ん中につけてドカンから出てくるというのは、確かに、面白いし、何かよくわからないけどウケそうな気はする。

「一体彼は何をやってるんだ?面白いー」と。日本人ならそう見えてもおかしくはない。

ただ、これって自国民の人からすればどうなのだろうとは思ったりもするところで、よく分からない。

政府は任天堂やアニメにお金を出すのはいいと思う。

けれど、決して口を出してはならないし、仮装とかそういうものについても、もしかしたらだけどブランドイメージを崩すことにもなるかもしれない。

まあでもマイクロソフトと任天堂は全然違うし、IP(キャラクター)についてそんな固いことを言うべきではないのかもしれないなあ。

私としては、公人も私人も自由に楽しめばそれでいいと思っているし、ダサいのでやめなさい、恥ずかしいだろというのもなんか違う気がする。

まあ、今回のマリオは軽い感じが出ていて、目指すべき方向としては、私は好きだったりする。

ただ、今まで以上に宣伝色が強まってくると、どう反応していいのかわからない。