エゴサーチ



エゴサーチというのは、有名な人が良くやっているあれで、自分のことをウォッチしてどういう反応があるか常に検索をかけている、みたいなことです。

これはあくまで個人的な意見なのですが、有名になる人ってエゴサーチをやるひとが多いと思いますし、有名になる前からやっていた人が多い気がします。

私は全くエゴサーチしませんので、多分、そういう性分にないのだと思います。

これは、有名になってみた人しかわからないと思いますけどね。

ただ、私にも過去に何度か記事がヒットしたことがありまして、その時の自分の反応を見る限りでは、全くと言っていいほどエゴサーチしなかったなと。

むしろ、一週間くらいネットやめようかなと思ったくらいでして。

もちろん、ヒットすること自体はありがたいことですし、嬉しいことでした。ありがとうございます。

でも、エゴサーチなるものは不思議とやらなかったなあ。

いや、エゴサーチする人はダメだという話では全く無くて、自分はあまりそういうのはする気にならないタイプなんだなあと。

エゴサーチにも良い所はたくさんあると思うし、その一つは色々な意見に触れられることでしょう。

否定もあれば、肯定もあり、参考になる意見もたくさんあって、勉強になると思いますし、今後の活力になると思います。

そもそもエゴサーチする人というのは、何というか爆発的な人気者って感じで、多くの人のあこがれなのではないでしょうか。

人気者、有名人、たびたび名前が上がる人って、多くの人の憧れですよね。一般的に。

ただ、個人的な意見を言わせていただくなら、多くの人の目に触れるだけあって、そういう人気に嫉妬する人、悪感情を抱く人も多いのも事実で、味方も多いけど、敵も多いっていう状況下に置かれてしまうこともあると思います。

こういうのは、憧れから来る感情なのかなと思っていて、気にしないなら、気にならないはずですからね。

私がおかしいなと思うのはまさにそこでして、人気者であれ、有名人であれ、一人の人間なのになという感情があります。だから過剰に攻撃する人達がわからない。

もし彼らが普通の一般人なら攻撃していただろうか。そうでないとしたら、彼らが有名だからという理由で攻撃されるのだろうか。

もちろん、目につきやすかったというのはあると思います。

だけど、そんな理由だけで、攻撃に晒されるのはきついと思いますね。そりゃ人間なんだから、ミスもあれば、意見があわないこともあるだろうって思うんですけど。

こういう考えを持っているので、承認欲求よりも遥かに怖いの嫌だなとなって、向いてないのかも。

でも、のんびりしたクラスタで人気になれるなら、それが一番いいかもしれません。この話は次回。