Re



Re:ゼロは1期終わりごろから面白いと評判だったので、その頃から見るようになってた。面白い。

ただ、それ以外、特に書きたいことはないなあ。

あえて言うなら、スバルはあれほど強大なチートを持ちながら、なんでああしないんだろうという疑問はある。

なんであれほどのチート能力を具体的に把握しようとしないのか?、なんで検証しないのか?、なんで痛みを痛みのままにしておくのか?などなど。そこから派生して、最終的には能力の使い方に至るまでの疑問はある。スバルは行き当たりばったりに能力を使っているようにしか見えない。だからこそ、あらゆる意味で情報が足りていないように見えるし、それを補おうともしていない所は、少し疑問があったりする。「なんでこうしないんだろう?」と。

確かに、現実的には難しいこともあるのだろう。ただ、あれほどのチート能力においては、やり方はいくらでもあるような気もする。

また、スバルの能力というのは、嫌いな人間を確実に殺せる能力でもあって、その意味でも私は相当なチートだと思っている。

例えば、魔女教との戦いについても、それ以外の戦いについても、私はあの世界では、生き残り合戦のようなものに見える。つまり、どちらが正しいかというような話ではなく、どちらが先に相手を殺すか、殲滅するかという話な気もしている。

その生き残り合戦で相当有利な能力、破格的な能力が死に戻りだと思う。

ただ、そんな能力だからこそ、彼のような人間に与えられて本当に良かったとも思っている。

なまじ賢い人間なんかにあの能力が与えられていたらと思うと、ゾッとしたりもしたので、その点で、スバルは評価できると思った。