AppDeleteを使ってアプリケーションを完全削除する

App StoreAppDeleteを使ってアプリケーションを完全削除する方法を紹介します。GUIアプリの始末は、GUIアプリで付けた方がいいというのが持論です(嘘です^^)。
photo credit: Cristiano Betta


AppDeleteとは、アプリケーション関連のファイルを探しだして削除することができるアプリです。`Mac`では、通常、.app形式のファイルを削除するだけでアプリを削除することができます。しかし、中にはHDDのどこかにフォルダを作り、そこに一時ファイルを保存しておいたりといったアプリも多いのです。そのような場合、アプリを完全削除するためには関連ファイルを探さなければなりませんが、面倒な事も多いので、AppDeleteが役に立ちます。

  Download

使い方は簡単で、AppDeleteの起動画面にて、削除したい.app形式のファイルをドラッグ&ドロップするだけです。



また、アプリケーション関連のファイルやフォルダを探す前に、隠しファイルやフォルダは表示しておいたほうがいいかもしれません。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles true && killall Finder