Macのデスクトップを快適に操作するTips

hearts今回は、私がMacで使用しているデスクトップ操作における小技をまとめてみようと思います。主に、デフォルトで設定されているショートカットキーの解説になると思います。
photo credit: [ Tam Nguyen Photography ]




私がよく使うショートカットキー


まずは、デスクトップ操作における私がよく使うショートカットキーを紹介していこうと思います。また、個人的にはあまり使わないけれど、便利そうなショートカットキーも含めて紹介していきます。


file_move


Dockにフォーカスする
Ctrl+F3

フォルダ・ファイルにフォーカスする
名前のアルファベット

開く
Cmd+o
Cmd+↓

再生する
Space

フォルダ移動
Cmd+↑
Cmd+↓

履歴移動
Cmd+[
Cmd+]

タブ移動
Tab
Tab+Shift

アプリ選択
Cmd+Tab

アプリ内のウィンドウ選択
Ctrl+F4

閉じる
Cmd+w

終了する
Cmd+q

削除する
Cmd+Del

決定
Enter

キャンセル
Esc

デスクトップを表示する
Ctrl+↑
Ctrl+↓

次のデスクトップへ
Ctrl+←
Ctrl+→

デスクトップを削除、追加する
Alt



デスクトップ操作に役立つアプリ


TotalSpaces



私は、 iTerm2 のタブで十分な場合が多く、複数のデスクトップというものはあまり使用しませんが、GUIアプリを一度にたくさん起動する人は、このデスクトップはブログ、このデスクトップはチャット、このデスクトップはブラウジングなどと役割を決めておくと、作業が捗るかもしれません。



そんな時は、 TotalSpaces というアプリが便利です。




このアプリは、複数のデスクトップにショートカットキーを割り当てたりすることができるようです。


BetterTouchTool



BetterTouchTool とは、トラックパッドやキーボードのショートカットキーを設定することができるアプリです。


私もいくつかのアプリをキーに割り当てていますので、その設定の一部を紹介してみようと思います。


bettertouchtool_setting


そして、上のように Finder にショートカットキーを割り当てた場合、 Cmd+1 を押して、 Finder を起動し、環境設定 Cmd+, を押します。そして、 Tab でデフォルトで開くフォルダを選択し、設定します。

finder_setting


CheatSheet


このCheatSheetというアプリは、Cmd+長押しでショートカットキーを確認することができます。様々なアプリに対応していて、各アプリで使えるショートカットキーを表示してくれます。なお、ほとんどの場合、ヘルプを見れば、ショートカットキーを確認できるようになっています。






TinkerTool


TinkerToolは、Macの隠し機能を簡単にカスタマイズすることができるアプリです。私は、デスクトップのアイコンを非表示にするなどの設定に使っています。もちろん、このような設定は、端末から行えるのですが、こちらのアプリを使ったほうが分かりやすくていいです。






XtraFinder


XtraFinderは、Finderに拡張機能を付加するためのアプリです。このアプリを導入することで、Finderがより便利になるのではないでしょうか。個人的には、Finder自体をあまり使っていないため、カスタマイズはあまりしていませんが。




デスクトップのカスタマイズ


デスクトップは長らくカスタマイズしていませんでしたが、この度ようやくカスタマイズできました。Dockは以下のようになりました。Dockはめったに使いませんので、Dockに登録するアプリを削減してみました。


desktop_for_mac


ちなみに、スクリーンショットアプリの Skitch を使用するときでさえ、Dockはあまり使いません(ビデオ撮影時には使ってましたが...)。


Skitch 起動 $ open -a Skitch

Skitch 保存 Cmd+e

Skitch 開く Cmd+o


skitch_save


他にも便利そうなショートカットキーがあったら、ぜひ教えて下さい。