イラスト初心者が教えるイラストを描くコツ

nighttime - desktop background wallpaperこの記事では、イラストを描き始めたばかりの初心者が最も大切にしたいことをお伝えできれば、幸いです。
photo credit: (matt)



はじめに



こちらに私が描いたイラストがあります。


私は、最近、イラストを描き始めました。


イラストを描いてみた理由は、いろいろなブローガーの方々がイラストをやっているのを見て、イラストは描けた方が面白そうだと考えたからです。また、漫画の影響などもあります。


ここで、私のイラストを見てくれた人は、その感想も様々だと思います。


下手くそだと思う人もいれば、なかなか上手に描けていると思う人もいるかと思います。


自分のイラストを客観的に評価するとすれば、特別うまくはなけれど、まあ、見れなくはない、そんな感じだと考えます。


では、今回は、「特別うまくはないけど、見れなくはないイラスト」を描くための方法を紹介していきたいと思います。


イラスト初心者が教えるイラストを描くコツ



まずはじめに、以下のイラストを見てください。


illust


しかし、このイラストは一発で描けたものではありません。この1枚のイラストを描くためには、下書きに下書きを重ねて、何度も描いてみた結果なのです。そして、以下が上のイラストができるまでの経過です。


illust illust2 illust3


illust_f
[4枚目でやっと完成!!]


下手くそでしょう。私は、絵はあまりうまくないんですよ(笑)


経過はこうです。最初は思ったまま描きます。次に、それが出来上がったら、紙を重ねて、最初に描いたもののいい部分を写して、その他の部分を修正して、描き上げます。そして、それを何度も繰り返すのです。もちろん、使用する用紙は、普通のコピー用紙で、写し紙ではありません。個人的には、ちょっと見えにくいけど、これで十分だと思っています。


1枚でできなければ、2枚、2枚でできなければ、3枚、もし100枚使ってもうまく描けなかったら、同じものを101枚描けばいいだけの話です。非常に単純なことですが、実践するのは難しいのではないかと思います。


なぜなら、枚数を重ねるごとに、もう無理なんじゃないかという思いが頭に浮かび上がってきて、その思いは、ドンドンと強くなるからです。


確かに、1枚目で完璧に仕上げられる人もいるでしょうし、100枚目でやっとできたという人もいるでしょう。


しかし、私は、同じ内容ならば、後者の人のほうが好きですし、評価できると考えます。なぜなら、後者の人は、99枚目でもあきらめなかったからです。


私のようなイラスト初心者が教えられることとしては、同じものを何度も描いてみてくださいということです。


1枚目よりも2枚目、2枚目よりも3枚目のほうがうまく描ける可能性が高くなると思います。


道具にこだわらない理由



私がイラストに使用するものは、いつも使っている普通のシャーペンと家にあるコピー用紙です。ここで、道具にはあまりこだわりを持っていないことがわかります。


一方、私は、イラストを描いている人をたくさん見てきたのですが、そのほとんど、いや、すべての人達が道具にこだわりを持っているようでした。


しかし、私は、最初のうちは道具には、あまりこだわらないでほしいと考えています。


私が絵を描ける人を尊敬する主な理由は、必要最小限の道具で最高の結果を出せる点です。最小限の道具で最高の結果を出せるというのは、安価な紙とペンさえあれば、様々なことを表現できるからです。


したがって、イラストをはじめる人は、最初はあるものから使ってほしいと考えています。


ただし、イラストを続けて、うまく描けるようになってきたら、道具にこだわるのは良いことだと思います。


私自身もそうなるかもしれませんし、イラストを続けられればの話ですが、その方向に流れることが予想されます。


最後に



偉そうなことを書いてみましたが、私自身もまだまだはじめたばかりですし、続けられなければ、ほとんど意味が無いでしょう。


そして、この記事のもう一つのテーマは、 イラストのほかに、 自己啓発というものです。時々、昔のブログでも、自分の考えを書いた記事を公開していましたが、このブログでもやってみようかなと考えています。


でも、文章を書くのは苦手ですし、こういう記事を書くと、最終的に、訳の分からない文章になっている可能性が高いので、やめといたほうがいいのかもしれませんね。(考え中...)