おすすめの技術書まとめ

A Suicide Note今回は、 個人的におすすめの技術書をまとめていきたいと思います。
photo credit: ZeRo`SKiLL



ここで紹介する本は、所有しているものばかりでなく、欲しい物も含まれています。こちらのほうがいいよという本やこんな本がおすすめという場合は、是非コメントの方をお願いします。


プログラミング言語


Ruby on Rails 3 アプリケーションプログラミング ¥ 3,675


RubyとRailsの基本からビュー、モデル、コントローラの開発、テスト、REST化、HTML5対応、jQuery等のプラグインと拡張機能など。




ゼロからわかる Perl言語超入門 ¥2,289


Perlについての最適な入門書。




ふつうのLinuxプログラミング ¥ 2,940


開発者視点でLinuxの仕組みを理解し、Linuxプログラミングの標準技法を学ぶ。




エキスパートCプログラミング ¥3,262


規格書を経典のごとく扱うような一般の入門書と違って、規格のさまざまな背景や、その欠点、改良への提言まで含まれている。




JavaScriptテクニックバイブル ¥ 3,129


JavaScriptを書く人は、これは読んでおいて損はないと思います。




Pythonプロフェッショナルプログラミング ¥ 2,940


Python開発のリアルな手法を学ぶ。




すごいHaskellたのしく学ぼう! ¥ 2,940


丁寧な解説とポップな例題で本物のHaskellプログラミングを習得できる入門書。




Scala逆引きレシピ ¥ 3,360


Scalaでコードを書く際の実践ノウハウが凝縮。




Lua公式解説書 ¥ 4,830


Luaの開発者イエルサリムスキー教授による公式解説書。情報は網羅されていますが、少し分かりにくい。




C++実践プログラミング ¥ 6,090


C++実践ガイド。プログラミング初心者、Cの経験をC++に活かしたいプログラマに加え、すでにC++を習得しているが、よりよいプログラミング作法を身に付け、信頼性を向上させたいプログラマにもおすすめ。




アセンブリ言語スタートブック ¥ 4,070


情報処理技術者試験で使われているアセンブラ「CASL II」を題材に、アセンブリ言語のプログラミングの初歩を「豊富なイラスト」とサンプルプログラムを用いて初心者にもわかりやすく解説。




ツール


Vimテクニックバイブル ¥ 3,129


Vimを使う人は、これは読んでおいて損はないと思います。基本的なことから、応用的なことまで、ポイントがうまくまとめられています。




Gitポケットリファレンス ¥ 2,604


非常におすすめされれているGit本です。Gitは、これ一冊で十分という人も多いです。




ハック


Hacking: 美しき策謀 ¥ 4,410


初心者から上級者までオススメできる本だと思います。脆弱性の作り方から、攻撃、防御まで。




LinuxサーバHacks ¥ 2,310


少し古い本ですが、今でも役に立つ本書はすごい。




実践ネットワークセキュリティ監査 ¥ 4,410


ネットワーク防衛戦略を行うにあたり管理者が行うべき具体的な監査方法、および監査を効率的に行うための方法論を解説。




Binary Hacks ¥ 3,360


「生」のコンピュータに近いプログラミング技術を解説。




実践 Metasploit ¥ 3,990


日本語で解説されたMetasploit関連の本はとても少ないので、その点で評価できる一冊。




リバースエンジニアリング ¥3,000


ハッキングツールやテクニックの概念を解説したうえで、Pythonを使ったバイナリ解析技法について詳しく解説




アナライジング・マルウェア ¥3,150


今や社会問題となっているマルウェアへの対策として、効率的にバイナリレベルで検体を解析し、対処方法を導き出すためのテクニックを紹介します。 解析対象はWindowsに感染するマルウェアです。




Linuxカーネル Hacks ¥ 4,200


第一線で活躍するカーネルハッカーたちが贈る渾身の書下ろしHack集。




実践 パケット解析 ¥2,940


Wiresharkを使ったパケット解析を解説。ネットワークトラブルの解決にはとても役に立つ。




総合


WEB+DB PRESS 総集編 [Vol.1~60] ¥ 2,699


PDFで読めますし、大量の情報が網羅されているので、非常にお勧めです。時代遅れの情報も多いのですが、この値段なら納得でしょう。




WEB+DB PRESS Vol.69 ¥ 1,554


GitHubの使い方が分かりやすく解説されています。




Jenkins実践入門 ~ビルド・テスト・デプロイを自動化する技術 (WEB+DB PRESS plus) ¥ 2,919


Jenkinsは、世界で最も使われている継続的インテグレーションツールです。




プロのための Linuxシステム・10年効く技術 ¥ 3,570


こちらも非常に評判が良い本の一つです。応用の効く基本が解説されています。




プロのための Linuxシステム構築・運用技術 ¥3,024


本格的なLinuxサーバの構築、運用、問題判別に必要な知識と手法を具体的な設定方法と合わせて解説。




リーダブルコード ¥ 2,520


一時、すごく話題になって、在庫切れが続出した本です。プログラミングをはじめる人が最初に読むと良い本だと思います。ただし、書いてある内容は、簡単そうで、実践するのは難しい。




12ステップで作る組込みOS自作入門 ¥ 4,410


OSやハードウェアに詳しくない方にも理解できるように、十分な説明を提供。




本を購入する前に、Googleブックスで立ち読みしてみよう


時光二手書店

私の場合、ネットで本を購入するときは、Googleのブックスで立ち読みしてからにします。読まなさそうな本を買っても仕方がありませんからね。よって、中身をざっと確認する、せめて目次だけでも確認する作業は、本を購入する上では、必須作業だと考えています。



ブックスでは、本の内容が、プレビューで確認できるので、私が購入する本については、購入してから思ったのと違ったという事は殆どありません。



みなさんも、本を購入するときは、一度、Google ブックスにて、内容を確認してみましょう。


書籍を電子化して読む方法


今回は、書籍を電子化してパソコンで閲覧する方法を紹介したいと思います。書籍を電子化すると、メリットも多いです。書籍の電子化には、スキャナの他に、断裁機とパソコンが必要になります。また、電子化したい本も必要です。


FUJITSU ScanSnap S1500

プラス断裁機



後は、Macの場合別途専用アプリをダウンロード、インストールします。




scansnap for mac


本の裁断


いろいろな方法があるものの、私の場合は、カッターで断裁機にかけやすい厚さにした後、断裁機にかけます。

scan


断裁機にかけた後は、本がバラバラになりますので、それをスキャンします。

conan


電子化した本の閲覧


電子化した後は、特にJPEGで保存した場合、フォルダごとに圧縮することをおすすめします。なぜなら、同じ大きさでも多数のファイル群よりも、1つのファイルにまとめたほうがコピー速度が速いからです。また、圧縮しておくと、ファイル管理も楽になります。


zip


echo "alias scan='open -a ScanSnap\ Manager && cd ~/Pictures && touch scan.test && rm -rf scan* && mkdir scan'" >> ~/.zshrc

exec $SHELL

scan

"ScanSnap"のボタンをポチッ

zip -r conan74.zip scan



私の場合は、 スキャンしたものは、~/Pictures/scan に保存するようにしています。そして、スキャンが終了したら、フォルダを圧縮します。ここで、ついでにファイル名を決めるようにしています。あと、複数の書籍をスキャンする場合は、このやり方はおすすめしません。


あとは、先ほどスキャンし、圧縮したファイルを Comic Viewer で再生してみます。


sudo port install comix

comix conan74.zip &



comix



Template

▼ここから▼

TitlePrice


Write

Image


▲ここまで▲