新しいバッグ「ステルス・アトム・スリング」を買ってみた

patagonia atomパタゴニアのステルス・アトム・スリングというバッグを買ってみたので、レビューしてみます。
photo credit: orimo



バッグが欲しかった理由


バッグなんてのは、通常、めったに購入するものではないと思いますが、私は、前々からワンショルダーバッグというものがほしいと思っていました。そして、この度、デザイン的、機能的に非常に気に入ったワンショルダーバッグがありましたので、買ってみました。


選んだのは、patagonia Stealth Atom Sling





選んだのは、patagonia Stealth Atom Sling(パタゴニアのステルス・アトム・スリング)というものです。このバッグは、釣り人向けに作られたということらしいのですが、そんなの知りません(釣りはしませんが、ここは知らんぷりです)。


このバッグを選んだ理由は、デザイン的に気に入ったというのと、機能的に気に入ったという理由があります。デザインについては、好みの問題なので、省略して、このバッグのどの機能が気に入ったかを説明したいと思います。


このバッグは、水の侵入を防ぐガードフォルダがバッグ内部に縫い付けられています。





雨が降った時などは、スマホなどはこの中に入れて守ることができるため、この点が気に入りました。





バッグのカスタマイズ


カスタマイズというほどのことではありませんが、このバッグには、他のバッグと同じように、邪魔な紐(この邪魔な紐は、何らかの意図があって付けられていることと思いますが、残念ながら、私にはその意図が理解できませんでした)が付いています。


この紐は、バッグのある部分に収納できるようになっています。






紐を収納部分に入れると、このようにスッキリします。





逆も同じです。





バッグの非常に残念なところ


MacBookAirを入れてみようとするのですが...。






ギリギリ入らない...。



[写真の撮り方、MBAの入れ方がまずかったのですが、本当は、ちょっとだけ端がはみ出してる感じまで持って行くことは可能です]


これは、ネットで購入したので、イメージ的にはもう少し大きいと考えていたのですが、予想外でした。MBAが入らないというのは、個人的には、かなりショックです。


(MBA10inchがあったらな...いや、11inchがベスト。バッグがもう少し大きければなぁ...いや、サイズ的にはぴったりだし。違うバッグを...いや、このバッグかなり気に入ってるしなぁ。Nexus7買って、Linux入れて、キーボード買って、...いや、訳がわからん。)


よくよく考えてみたら、MBAが入らなくても全く問題ない


で、MBAをバッグに入れるのに、だいぶ頑張った後、よくよく考えてみたら、MBAが入らなくても全く問題無い事に気づきました。


そういえば、自分は、MBA(パソコン)をバッグに入れて持ち運ぶなんてことは、無いです。





MBAは外に持っていったことはありませんし、友達の前に晒したこともない。そう、私の友達は、私がパソコンを持っていることは愚か、パソコンをやっていることすら知りません。私が友だちと話すのは、だいたい、ゲームの話、漫画の話、勉強の話、ゲームの話、漫画の話という感じです。





でもなんとなくMBAをバッグに入れたいのは事実ですが。


(いや、なんとなくではなくて、MBA入れたいよ、...といってみたところで入らないものは、入らない。)