教師の体罰事件について

私立桜が丘女子高等学校(豊郷小学校旧校舎群)
最近、よくニュースでみることがある教師の体罰によるバスケ部キャプテン自殺事件について思うことを書いていきたいと思います。

photo credit: seldamn via photopin cc



はじめに


私は、ニュースで報道されること以外のことについては、この事件について全く知りません。


したがって、単なる印象的な話になりますが、このような事件を通して、伝えたいことがあるので、いろいろと書いてみます。


あと、いつも通り私の意見というものは、全く当てにならないものですので、注意が必要です。参考程度もしくはそれ以下に評価していただければと思います。


報道を通して感じたこの事件の印象


報道を通して、様々な生徒の方がインタビューされていましたが、個人的に感じた印象として、多くの方が、いわゆる体罰教師を擁護しているような印象を受けました。


もちろん、個人的には体罰は許されない問題だとは思いますが、これについても要は限度の問題であり、多少の体を張った指導については、本質的な問題があるとは思いません。


ここで、インタビューを通して、私は、ある可能性を考えます。


ある可能性


それは、遺書の内容が真実が書かれたものではないという可能性です。


では、なぜ遺書が真実とは限らないのかを考えてみたいと思います。


私は、そもそも自殺するような人で多いのは、恨みを持った人よりも、絶望した人なのではないかと考えています。


ここで、絶望とは何かですが、絶望とは、「どうでもいい」と考えてしまうことだと思います。


つまり、自分を絶望へ追いやった人を恨み、仕返しをしたいという感情ではなく、すべてをどうでもいいと思ってしまうのです。


こんな心境にある人が、果たして遺書を書くだろうか、または、遺書を残したとしても、それが必ず真実といえるだろうかと私は思います。


むしろ、仕返しをしたいと考えるなら、相手を殺して、自分も死ぬくらいに思ってもおかしくないと考えます。


可能性が真実としたら


このような可能性が真実であった場合、なぜこのようなことが起こりうるのかを考えてみたいと思います。


まず、最近のいじめの傾向として、いじめが世間を騒がすようになったためか、いじめ首謀者たちは、当たり前ですが、やり方を変えているのではないかと推測します。


ここで、いじめを発覚しないようにするやり方としては、一番効果的な方法は、偽の犯人をでっち上げるということです。


このようなケースの場合、いじめ首謀者は、被害者の弱みを握り、意のままにコントロールしている可能性があると考えます。


したがって、遺書に偽の内容を書くように指示するということも可能だと考えます。


いじめ首謀者は、人によって、これくらいの保険をかけておくくらいの狡猾さはあるのではないかと考えます。


この記事で伝えたかったこと


この記事で伝えたかったことは、この事件そのものについてではなく、簡易に表示された結論に飛びつかないでほしいということです。


もちろん、上で書いたようなことが真実である確率は極めて低いと私は思います。


しかし、もし捜査が行われる予定なら、偽の犯人がでっち上げられた可能性も考えて、慎重に行ってほしいと思います。


後、遺書というものは、被害者が残したとても真摯なものです。これが真実ではないなどというのは、一般人である私は考えたくもないことですが、それが仕事の人がこういうことを考えても、私は責める気が起こりません。


また、個人的には、この自殺が、教師の体罰によるものなら、それは許されないことだと思います。