surround.vimを使って、括弧などを効率的に編集する方法

New Vim colours
surround.vimを使って、括弧などを効率的に編集する方法を紹介します。

photo credit: jasonwryan via photopin cc



surround.vimのインストール


NeoBundleなどをインストールしていることを前提に解説します。 filetype plugin indent onの上にいかを追記します。

NeoBundle 'tpope/vim-surround.git'



そして、 :NeoBundleInstallを実行してください。


Vimの使い方


次の HTML タグがあったとします。この場合、通常の機能では、 datでタグ全体を消したり、 ditでタグで囲まれた部分を消したりすることができます。ちなみに、先頭の「d」はデリートですので、「y」とするとヤンク、「c」とするとチェンジすることもできます。


変換前 :
<div><a href="">✗test</a></div>

1. dat
<div></div>

2. dit
<div><a href=""></a></div>



surround.vim


surround.vimでは、囲んでいる括弧を削除したり、文字列をかっこで囲むことができます。

入力 変換前変換後
ys${ ✗hello world { hello world }
ds{{ ✗hello world } hello world
yss{ hello ✗ world { hello world }




参考 :
vim の text-object をより便利に使えるプラグイン - surround.vim

Vimのテキストオブジェクトとsurround.vimでhtml編集の効率を上げる


注意 :
vsが使えなくなっているようです。 vSとしましょう。