Vimでの移動をViChrome風に行う方法

New Vim colours

Vim での移動を ViChrome 風に行う方法を紹介します。

photo credit: jasonwryan via photopin cc

easymotion



まずは設定ファイルの filetype plugin indent onという記述の上に以下を追記します。ただし、この方法は、プラグイン管理マネージャーである NeoBundleなどのプラグインを導入していることを前提としています。


NeoBundle 'Lokaltog/vim-easymotion'

filetype plugin indent on



:NeoBundleInstallコマンドを実行し、当該プラグインをインストールします。


easymotionの使い方



let g:EasyMotion_leader_key = '<Leader>'



この設定で、基本的には、 <Leader><Leader> + 移動キーを押すことで、プラグインが発動します。


個人的な設定は、以下のようになりました。

" Lokaltog/vim-easymotion
" http://blog.remora.cx/2012/08/vim-easymotion.html
" ホームポジションに近いキーを使う
let g:EasyMotion_keys='hjklasdfgyuiopqwertnmzxcvbHJKLASDFGYUIOPQWERTNMZXCVB'
" 「;」 + 何かにマッピング
let g:EasyMotion_leader_key=";"
" 1 ストローク選択を優先する
let g:EasyMotion_grouping=1
" カラー設定変更
hi EasyMotionTarget ctermbg=none ctermfg=red
hi EasyMotionShade  ctermbg=none ctermfg=blue




例えば、単語間移動をしたい場合は、 ; + wを押して、強調されたアルファベットを入力すると、移動出来ます。