Cygwin上でVimShellを使う方法

Brogramming with Tom
今回は、CygwinでVimShellを起動するまでを解説したいと思います。

photo credit: ryanoshea via photopin cc

Cygwinのインストール



Windows PowerShellを使ってインストールすると簡単です。Windows+ Rを押して、「powershell」と入力すると起動します。




一応、シェルスクリプトを実行できるように権限を変更しておきます。

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned



そして、そこで、以下のコードを貼り付けます。


function Install-Cygwin {
param ( $TempCygDir="$env:temp\cygInstall" )
if(!(Test-Path -Path $TempCygDir -PathType Container))
{
$null = New-Item -Type Directory -Path $TempCygDir -Force
}
$client = new-object System.Net.WebClient
$client.DownloadFile("http://cygwin.com/setup.exe", "$TempCygDir\setup.exe" )
Start-Process -wait -FilePath "$TempCygDir\setup.exe" -ArgumentList "-q -n -l $TempCygDir -s http://mirror.nyi.net/cygwin/ -R c:\Cygwin"
Start-Process -wait -FilePath "$TempCygDir\setup.exe" -ArgumentList "-q -n -l $TempCygDir -s http://mirror.nyi.net/cygwin/ -R c:\Cygwin -P openssh"
Start-Process -wait -FilePath "$TempCygDir\setup.exe" -ArgumentList "-q -n -l $TempCygDir -s http://mirror.nyi.net/cygwin/ -R c:\Cygwin -P wget"
}




Enterを押せば、コマンドが作成されます。そして、作成されたコマンドを実行します。


Install-Cygwin


Cygwinの起動


Cygwinがインストールされたら、 Windows + Rを押して、「c:cygwin/cygwin.bat」を入力し、 Enterを押します。




しかし、Terminalがあまりに使いにくいので、 minttyを使うことにします。




そこで、パッケージ管理のために以下のコマンドを実行します。

wget http://apt-cyg.googlecode.com/svn/trunk/apt-cyg

mv apt-cyg  /usr/bin

chmod +x /usr/bin/apt-cyg


VimShellのインストール


そして、 VimShellの起動に必要な物をインストールしていきます。

apt-cyg install vim curl git libsasl2 ca-certificates make gcc4

git clone https://github.com/gmarik/vundle.git

echo "source ~/.vim/bundle/vundle/test/minirc.vim" >> ~/.vimrc

vim ~/.vim/bundle/vundle/test/minirc.vim



そして、 VimShellをインストールするために、設定ファイルに以下を書き込みます。

set nocompatible
syntax on
filetype off
set rtp+=~/.vim/bundle/vundle/
call vundle#rc()
Bundle 'gmarik/vundle'
Bundle 'Shougo/vimshell'
Bundle 'Shougo/vimproc'
filetype plugin indent on


そして、vimを起動し、以下のコマンドを実行します。

:BundleInstall

あと、 VimShellに必要な vimprocmakeします。

cd ~/.vim/bundle/vimproc/

make -f make_cygwin.mak

vim



VimShellの使い方は、 こちらが参考になります。


:VimShell