リトルバスターズ!のクドルートを解釈してみました

lb!
リトルバスターズ!のクドルートを自分なりに解釈してみました。

photo-credit: syui


ネタバレを含みますので、アニメやゲームをプレイしていない人は、注意して下さい。


はじめに



色々とリトルバスターズ!のクドルートを解釈した記事を探しましたが、どうも納得できる解釈をした記事がないので、自分で書いてみることにしました。納得できる解釈が見つかれば、引用したいところなんですけどね...。


ちなみに、リトルバスターズ!は、アニメの1期とPSP版をプレイしています。ゲームでは、 能美クドリャフカ TRUE END 2のクリア済です。


クドルートの解釈



能美クドリャフカ






リトルバスターズ!では、クドというキャラクターがいます。そして、そのキャラクターの攻略ルートをクドルートということがあります。


クドは、宇宙飛行士を目指していた女の子です。そのために海外の学校で勉強していたわけですが、英語が苦手なことから、学校に馴染めず、本人曰く、日本に逃げてきた子です。作中で認識されている容姿は、明らかに外国人ということもあり、英語ができないため、日本の学校でも変な子扱いされ、笑われてしまいます。


なお、ここで作中で認識されている容姿と表現したのは、アニメやゲームで日本人と認識できるキャラクターは少ないと考えるからです。例えば、デフォルトで髪の色がオレンジだったり、グリーンだったりする子がいるので、私には、一見するだけで作中のキャラクターが日本人か外国人かの判断は難しいように思います。そもそも私は、一見してクドが外国人とは分かりませんでした。クドが外国人だと認識できたのは、作中の様々な文章表現によるものです。


クドが英語ができない理由としては、クドを育てたおじいさんが大の日本好きということと、宇宙飛行士は危険を伴うので、孫(クド)を宇宙飛行士にさせたくない
という思いがあったため、言語は日本語のみで教育されてきたからです。ちなみに、クドが宇宙飛行士を目指すきっかけとなったのは、母親が宇宙飛行士だからです。


そんな変わった子であるクドが、自分を普通に扱ってくれる男の子(主人公:リキ)に片思いをしてしまいます。


クドルートは、このような場面から始まります。


クドルートの結末





仮想世界でクドと両思いになったクドルートの最終的な結果には「最後の選択」が影響します。具体的な選択と結果においては、以下のようになります。ちなみに、これは、宇宙飛行士であるクドの母親の乗ったロケットの打ち上げが失敗し、それがきっかけで、暴動が発展している国にクドが帰るか否か迷っているという状況での選択です。

選択 結果
「帰るべきだ、と言おう」 暴動に巻き込まれ、拘束されてしまうが、なんとか脱出。リキの元へ帰ってくる。
「帰らないでほしい、と言おう」 TVで母親の公開処刑を目撃し、精神が崩壊する。
「クド自身はどうしたいか聞こう」 捨てたはずのドッグタグと機械部品をリキから受け取る



現実世界の出来事



リトルバスターズ!は、なぜ解釈ができるのでしょう。それは、リトルバスターズ!のアニメやゲームでは、そのほとんどを仮想世界の出来事を表現するために使われているからです。したがって、実際に現実で何が起こったのかという部分については、様々な解釈の余地が残されています。


もちろん、これは、意図して解釈の余地を残したということであり、そこが Key 作品の素晴らしいところの一つだと私は考えています。


私は、Key作品では、クラナドとリトルバスターズ!を体験していますが、そのどちらも、最後までユーザーに選択させ、様々な結果を表現するものでした。そして、すべてがハッピーエンドという結果も必ず用意されていました。


ここで、リトルバスターズ!のクドルートを解釈する上で重要なことは、作品の特徴や物語の趣旨を理解することだと考えます。


したがって、以下、作品の特徴や物語の趣旨を基準にクドルートを解釈していきたいと思います。


まず、前提として、現実世界の出来事を解釈する上では、作中で表現される仮想世界と現実世界のどちらを優先すべきかという問題があります。


思うに、作中で表現される仮想世界で起こった出来事は、必ずしも現実で起こったことと一致したないことがたくさんあります。したがって、両者に矛盾が生じた場合、あくまで現実世界を優先して、現実世界の出来事を推測すべきと思います。


現実世界で起こった出来事で確定しているのは、 修学旅行のバスが事故にあったということでしょう。そして、そこには、リトルバスターズ!のメンバーが全員乗っていたようで、リキと鈴だけは負傷せずに済んでいるということです。


修学旅行のバスが事故にあった
リトルバスターズ!のメンバーが事故に巻き込まれ、負傷する
その中で、リキと鈴だけは、負傷を免れる



もちろん、上の事実から判断すると、クドも負傷していることになります。また、修学旅行直前には、宇宙飛行士であるクドの母親が危険な目に遇っています。


そして、現実世界においてのクドの母親の安否について様々な解釈をすることができ、意見が別れるところです。


ここで、 クドの母親は公開処刑された事件に巻き込まれ亡くなったという説があります。


これらの説の根拠は、仮想世界でのクドルート BAD END を元にしているようです。


しかし、私は、クドの母親は、難を逃れて無事が確定したか、もしくは、安否がわからないかどちらかであると考えます。そして、無事が確定した確率のほうが高いと思っています。


そのように考える根拠は、クドが修学旅行のバスに乗車していたという事実と「バスに乗っている時、機械部品などを大事そうに持っていた」という仮想世界での小毬の証言です。


そもそも、このリトルバスターズ!という物語は、仮想世界での出来事でメンバーの一人ひとりが強くなるという特徴があります。したがって、現実世界で修学旅行に出かけ、事故に遭うまでは、メンバーは仮想世界体験前よりずっと弱いのだと考えます。そして、これは、クドの場合にも当てはまります。


とすれば、弱いままのクドが、母親の公開処刑や安否不明の事実に耐えられるとは到底思えませんし、母親の公開処刑直後や安否不明の状況化で修学旅行に出かけられるとも思えないわけです。


ここで、クドが修学旅行のバスに乗っていたという事実と仮想世界での母親の公開処刑や安否不明の事実が矛盾するわけです。


よって、私は、このような場合、現実世界の事実を重視すべきだと思います。仮想世界にこのような結末が存在するのは、クドの心のなかに、そのような最悪の事態を想像した不安があるからなのではないかと思います。


また、仮想世界でクドが後ろめたさを感じているのは、現実世界でクドの母親が危険な目に合っているというのに、母親がいる国に帰らず、修学旅行のバスに乗っているという事実からくるものだと考えています。


そして、「バスに乗っている時、機械部品などを大事そうに持っていた」という証言に関してですが、これが事実とするなら、その時のクドの思いはどのようなものだろうという点についても様々な解釈ができ、争いがあります。


私は、母親のものと帰らなかったという後ろめたさがあり、その不安を和らげるために、機械部品を持っていったのだと考えています。よって、これは、母親の形見でもなければ、母親の無事を祈るためのものでもないと思います。反対に、「母親が公開処刑された直後に、母親の形見として機械部品を握りしめ、修学旅行のバスに乗っている」というのは、不自然すぎるように思います。


また、能美クドリャフカ TRUE END 2にて、クドは、将来なりたいもの、つまり自分の将来の夢の話をします。本屋に立ち寄って、宇宙関連の本の前で立ち尽くしたり、将来、教師になるのもいいかもしれないと言ったりしたのは、宇宙飛行士になるという夢に迷いを感じているからなのではないかと思います。


なぜ、迷いを感じているのかというと、宇宙飛行士である母親が危険な目に合っている時に、帰らなかったという後ろめたさから来るものだと思います。察するに次に母親にあった時、どういう顔をすればいいのかでも考えているのでしょう。


これが、もし母親の死や危険だった場合、私は、そもそもクドが将来の夢のことなどをあれこれ考えられるとは到底思えません。その場合は、むしろ母親の死や安否で頭がいっぱいでしょう。


ちなみに、作中の一部では「公開処刑」という表現が用いられた場面がありますが、これは、単に世界にはまだまだ理不尽な国がたくさんあり、困っている人々がいるということを強調する趣旨にすぎないと考えます。なにも恋人の母親が被害にあう必要はないわけです。


よって、今までの話をまとめると、私の考えは以下のようになります。


クドの母親は無事
クドの母親が殺された直後や母親が現在危険な状況にあるなら、仮想世界を体験する前の弱いクドでは、修学旅行には行けないはず。さすがに学校は休むだろう。
機械部品などは、母親の形見としてではなく、母親が危険なのに帰らなかった後ろめたさから、修学旅行に持っていったのではないかと推測。
また、次に母親にあった時のことを考えている不安もあると判断。
宇宙飛行士の夢をどうしようか迷っている表現があるが、これは、母親が殺されたからという理由ではなく、母親が危険なのに帰らなかったという後ろめたさから来るものと考えたほうがスッキリする。もし母親が殺された直後なら、将来のことなどさすがに考えられないと判断。



最後になりましたが、上のような解釈は、単なるそうであってほしいという個人的な願望なのかもしれません。クドがまた、母親と笑うことができる日が来ることを願って...。では。


私の切り札


①能美クドリャフカ TRUE END 2のクリアデータを保存する
②Refrain(リフレイン)のクリアデータを保存する
③クドルートの最後の選択において、「帰るべきだ、と言おう」を選択する