お気に入りキャラクター

Konachan.com - 64233 akiyama_mio hirasawa_yui k-on! kotobuki_tsumugi nakano_azusa tainaka_ritsu
今回は、私が考えるお気に入りキャラクターについてです。

photo credit: maryburgoos via photopin cc

はじめに



私は、マンガやアニメでたくさんのお気に入りキャラクターがいます。


では、このお気に入りキャラクターが自分にとってどういう位置付けかを書いていきたいと思います。


この前、男性キャラをお気に入り認定していましたので、最終的には、その説明になります。



平沢 唯



例えば、私が一番好きなキャラクターというのは、けいおん!の 平沢 唯(以下、唯)だったりします。


では、唯のどこが好きなのか。


まず、見た目か性格かというと、間違いなく私は、唯の性格が好きです。


そもそも唯の第一印象は、「この子、見た目は、あまり可愛くない...」でした。


(唯ファンの方、ごめんなさい。私もファンですが...)


私の外見の好みとしては、ストレートの長い黒髪です。


しかし、唯の髪型は、黒でもなく、長くもありません。


また、タレ目やその他の要素もあり、見た目は、あまり可愛くないという感想を持ったのだと思われます。


その後、第一印象とは裏腹に、唯のキャラクターを好きになってしまいました。さらに、最後には、唯の見た目まで好きになってしまったというわけです。


ここから、私は、見た目と性格なら、性格を優先しキャラクターを評価していると考えられます。


では、唯の性格のどこが好きなのか。


結論から言うと、自分と似ていないところが好きなのだと思います。


例えば、血液型ですが、私と唯は、血液型の本によると全く逆のタイプらしいです。


ここで、自分と似ているタイプを好きになる人と、自分と似ていないタイプを好きになる人がいるように考えますが、私は、おおよそ後者であることが多いです。


しかし、私と唯は、全部が全部似ていないというわけではありません。やはり好きになるには、互いの共通点という要素もすごく重要だと思います。この点、私と唯は、身体的特徴が似ているような気がします。具体的には、身長、体重はかなり近いです。また、酔いやすいこと、いくら食べても太らない(体重増えない)ところは、似ています。私も、クルマやバスに乗るとすぐに酔ってしまいますし、いくら食べても太りません。


ただ、このような共通点は、単に好きなので、似たところを探してしまった結果なのかもしれませんが...。


色気



次は、私が唯を好きだとして、「男ならもちろん、好きなキャラクターのお色気シーンは見たいよね?」、「いや、見たくないです」という話をしていきたいと思います。もちろん、自分は紳士だと言いたいわけではなく、大多数の男の子の心理(と私は信じるもの)の解説です。


私は、唯のお色気シーンは、残念ながら、見たいと思ったことがありません(唯さんに悪いのか、悪くないのか分かりませんが)。


例えば、アニメでは、唯たちが海に遊びに行くシーンがありますが、そこで、唯は水着になります。このレベルでは、さすがに何とも思わないわけですが、もしこれがファンサービスのつもりなら、アニメには、出来ればこういうサービスはいらないと個人的には考えています。




また、唯が教室が暑いからと水着になるシーンがありますが、このレベルまで来ると、色々と思うところがあります。どんなことを思うのかというと、「恥ずかしいから止めてくれ」と思うわけです。





このように、好きなキャラクターの裸はおろか、水着さえもあまり見たくないと考えている私です。しかも、これは、大多数の男の子の心理だと勝手に思っています。


反対に、女の子には、新鮮な心理であろうと思います。私は、大多数の女子が、「好きな子の裸を見るのが大多数の男の野望」と考えているように感じますが、全く逆だったりします。


好きであればあるほど、その子のお色気シーンは見たくないわけです。


なぜこのような心理が働くのかというと、どうやら「憧れ要素」が強いかららしいです。


最近、ネット上で見つけた情報によると、そのように解説してありました(ソースを探しましたが、見つかりませんでした)。


憧れ要素



以上より私は、お気に入りキャラクターには、憧れ要素が強いものと思われます。


私は、唯と付き合いたいと思っているわけでもなく、一緒にいたいと思っているわけでもなく、単に、憧れているだけなのです。それが、私にとってのお気に入りキャラクターです。


したがって、そこには、男性キャラがいてもおかしくないわけです。私は、かわいいキャラも好きですが、やはり、かっこいいキャラも好きなのです。