現在の医療制度について

MacBook Air Software Reinstall USB Drive
現在の医療制度と税金の使い方について、個人的な考えを書きます。

photo-credit: syui


現在の日本では、医療制度を改革する必要があると思います。なぜなら、現在の医療制度では、より良い社会を実現することができないからです。


ちなみに、今後、より良い社会の実現するにはどうすればよいかと考えることが増えてくると思います。この目標は非常に役に立つ指標なので、なにか迷うことがあれば、この目標を思い出すとよいかもしれません。つまり、自分の死後、ランダムで生まれてくるとしたら、どういった社会が良いかということです。できるだけ生まれながらにして不幸になる確率を下げたいところです。


参考 : 私が信じる世界


現在の医療制度では、不要な手術、治療をしたり、薬を出したりする行為を行った病院のほうが儲かるという仕組みになっています。不要な手術、治療をしたり、薬は、患者のお金だけではく、健康を蝕むことにもなります。したがって、これらの行為を抑制する必要があると思います。


もちろん、これは病院が悪いというわけではありません。どの病院もできるだけ儲けたいと考えるのは当たり前のことだからです。


ではどうすればよいかというと、まずは、必要な治療のみを行い、不要な治療を行わなかった医者が評価される仕組みを作ることです。現在では、不要な治療をした医者ほど評価され、すばらしい医者ほど評価されにくくなっています。


次に、税金をかける配分を変更することです。現在は、必要な治療もおおよそ不要だと思われる治療も同じ割合で税金が使われます。これを変更することです。必要な治療と不要な治療をどう見極めるかが重要になってきます。これは、今まで虐げられてきた素晴らしいお医者さんを活用することで可能な限り解決出来ます。例えば、私が考える不要な治療は、おおよそ老人が受けていると考えます。具体的には、生活習慣病の治療に使われる薬や血圧を下げる薬などです。これらは、薬を使うよりも、普段の食事、運動を見直すことで改善されると考えます。


反対に、医療に使われる税金を減らすだけではなく、時には、増やすことも必要です。具体的には、難病の方の治療は、全額免除してあげても良いのではないかとおもいます。なぜなら、多くの難病は、主にその原因が偶然という要素に起因しています。そして、私が理想とする社会は、この偶然という要素をできるだけ排除することにあります。したがって、ただでさえ難病で大変なのに、その上お金の面でも大変な思いをさせるべきではありません。これは、一般人を犠牲にしてでも実現すべきことだと考えます。