貧困問題

MacBook Air Software Reinstall USB Drive
生活保護や貧困問題について考えてみます。

photo-credit: syui

貧困問題



貧困と犯罪



この社会に存在するありとあらゆる問題は、おおよそ貧困問題に帰結します。具体的には、凶悪犯罪の増加、虐待、売春、児童ポルノ、違法ダウンロードなどです。よって、これらの問題を解決する一番の方法は、貧困問題を解決することです。


例えば、児童ポルノを解決しようとするなら、表現を規制するのではなく、貧困問題を解決することのほうがよほど効果的です。なぜなら、ある漫画やアニメに触発された変質者が、児童を誘拐する事件よりも、貧困に陥った親が児童を売る事件のほうが多発しており、そちらのほうが問題は深刻だからです。


さらに、子供を虐待する家庭は、貧しい家庭が非常に多く、貧困が虐待を生み出す大きな要因になっているとも考えられます。また、虐待を受けてきた人が親になると、子供を虐待するという虐待のスパイラルも深刻です。


これら虐待の問題と犯罪の問題は、非常に関連性がある事柄だと思います。つまり、貧困が増えると、虐待が増え、虐待が増えると、凶悪な犯罪が増えるということです。そして、凶悪な犯罪とは、殺人や強盗、児童ポルノや売春などが挙げられます。つまり、貧困>虐待>凶悪な犯罪(殺人、強盗、児童ポルノ、売春)となります。


ここで、犯罪者を憎む人が多くいますが、私は、単に彼らは、環境によって生み出された当然のものだと考えています。環境によって生み出された化け物は、当然のごとく、自分を生み出した環境に復讐をします。そして、そこで犠牲になる人もおおよそ偶然に支配されます。この場合、化け物自体とたまたま化け物の近くに居合わせた犠牲者は非常に可哀想です。


例えば、あなたは、子供の頃から殴られたり、罵られたりの虐待を当然のごとく受けていたら、どう育っていたでしょう。私は、このような劣悪な環境の中でまともになる自信は、正直ありません。ほとんどの人は、環境に支配され、それに抗える人は、100万人に一人でしょう。


そして、その劣悪な環境に生まれるか否かは、偶然が支配し、ランダムで決められるものです。誰もこのような環境に生まれたくはないでしょうから、できるだけ貧困問題を解決し、虐待を減らす必要があると思います。


さらに、これは、犯罪の犠牲者を減らすことにも非常に役立ちします。犯罪に巻き込まれる人たちもおおよそ偶然が支配し、ランダムで決められるものですので、これを変えて行かなければなりません。


生活保護



生活保護は非常に重要なシステムです。個人的には、貧困問題や虐待、犯罪を減らすことに役立つと考えています。


また、私は、より良い社会の実現には、誰にもやり直しのチャンスを与える社会でなければならないと思います。そして、生活保護は、このやり直しのチャンスを作り出すためにとても役立っていると考えています。


確かに、不正受給が連日報道される中、生活保護受給者には、嫌悪感を抱いている人が多いかと思います。


しかし、不正受給は、ほんの一部の問題であり、正当な生活保護の受給と比べると、その割合は、あまりに小さいものです。


したがって、不正受給は取り締まらなければなりませんが、それは、正当な生活保護の受給を犠牲にしてまでやることではないと考えます。


具体的には、不正受給した者への罰則強化は、非常に評価出来ますが、生活保護の受給要件を厳格にするのは、良くないと思います。


税金の使い方



個人的には、税金は、貧困問題の解決と新しい分野(例えば、エネルギー分野など)への投資に使うのが良いかと思います。