Bloggerで使用する画像をPicasaで管理する

Social_Media_DimSum --Social Media Small Plate Style
Bloggerで使う画像をPicasaにアップロードする方法とURLの取得方法を紹介します。GoogleCLを使うことで、ある程度この手順を自動化できます。

photo credit: The Daring Librarian via photopin cc


私がブログに Blogger を使用する理由の一つに、画像のアップロードのしやすさが挙げられます。GoogleCLをインストールしている状態で、例えば、 ~/Pictures/picasa/にスクリーンショットなどを .png形式で保存するようにしておきます。


# Picasaに「picasa」というアルバムを作る
google picasa create "picasa"

# Picasaの「picasa」アルバムに画像をアップロード
google picasa post -n "picasa" ~/Pictures/picasa/*.png

# Picasaにアップロードした画像のURLをすべて保存する
google picasa list "picasa" --delimiter " " --fields url-direct > ~/Pictures/picasa/test.html

# アップロードした画像のURLを表示する
ls ~/Pictures/picasa/*.png | wc -l | tr -d ' ' | xargs -J % tail  -n % ~/Pictures/picasa/test.html



これらのコマンドをまとめて、エイリアスにでも設定しておくと、使いやすいです。

alias picasa='touch ~/Pictures/picasa/test.html && rm ~/Pictures/picasa/test.html && exiftool -overwrite_original -all= ~/Pictures/picasa && google picasa post -n "picasa" ~/Pictures/picasa/*.png && google picasa list "picasa" --delimiter " " --fields url-direct > ~/Pictures/picasa/test.html && ls ~/Pictures/picasa/*.png | wc -l | tr -d " " | xargs -J % tail  -n % ~/Pictures/picasa/test.html | pbcopy && rm ~/Pictures/picasa/*.png'



これで、picasaコマンドを使うと,画像のアップロードと同時に、クリップボードにアップロードした画像URLが保存されます。 YankRing.vimなどを使って参照してください。


これでも面倒くさければ、取得したURLにHTMLタグを付けても良いかと思います。また、ブラウザに渡して確認してもよいでしょう。以下、参考までにコマンド例を載せておきます。


# HTMLコードに変換してクリップボードに保存し、出力する
cat ~/Pictures/picasa/test.html | sed -e 's/^/<img src="/g' | sed -e 's/$/">/g' | pbcopy && pbpaste

# クリップボードから参照する場合
pbpaste | sed -e 's/^/<img src="/g' | sed -e 's/$/">/g' | pbcopy && pbpaste

# クリップボードにURLが入っている場合、そのURLをGoogleChromeで開く
pbpaste | tr '\n' ' ' | xargs -J % open -a Google\ Chrome %