相手が言いたいことと本当のところの話



前回、Amazonの読み放題サービスで人気本が即座に取り下げられたことについて私は自分なりの考えを述べました。

Amazonは「サービスが予想外の人気で赤字が出てしまって人気本を取り下げた」という理由で説明しています。

ここで、Amazon側が言いたいのは、「消費者のせいでこうなったので、自分は悪く無い、仕方なかった、やむを得なかった」ということだと考えられます。

では、これは本当なのでしょうか。

私には内部的な事情については分かりませんが、私が言えることとしてはAmazonほど儲けている企業ならやろうと思えばできたのでは?ということ。そして、儲けを増やそうとしたら最初からそのつもりで計画し、宣伝のために最初は品揃えを倍増して見せた方が効果的だろうということです。